ついにこの日がやってきた

0

    子猫の頃からトイレ以外でおちっこしちゃう、カカ太朗。

     

    (A)掛け布団、クッションの類

     

     それから

     

    (B)箱状のもの

     にしたくなっちゃうんだな、これが。

     

    (A)のケースに至る要因は色々とあるようでして

     必ずチーするわけではありませんが、まぁまぁの確率でいたします。

     

    が、(B)のケースは、ほぼやります。

    箱といっても、

    猫トイレに大きさ・形状が似ている物にしちゃいます^^;

     

    我が家にモフモフ猫ベッドが無いのは、カカ太朗のおかげ。

    もしカカストッパーがなかったら、

    欲しいものたくさんあるもの〜www

     

    そんな我が家で、カカ太朗がお粗相しない猫ベッドがこちら

    ウィロー(柳)の二段ベッド。

     

    20150414_1220820.jpg

    重なってまでそこで寝なくても…w

     

    上段が完全な洗面器状でないところがミソ(たぶん)

    20150620_1301235.jpg

    このベッドは、猫の森(株)の桜舎時代に

    他の猫さんたちにも人気だったので、増量しようと探したのですが

    既に廃版だったのでした。 本当に残念…。

     

    その後、お客さんからのご情報により

    我が家にやってきたのが、こちら↓

    20151005_1419796.jpg20170519_2007189.jpg

    上段は、ドキドキの洗面器状でしたが

    これまでの約4年間、お粗相されることもなく過ごしてまいりました。

     

    が、が、にゃんとーーー

    ここ最近、たて続けにやられてしもうたのです。

    これまでの経験から、

    完全に「おちっこスポット」に認定されたなと、腹をくくりました。

    次の可燃ごみの日にドナドナします。

     

    まぁ、黒いラインが日焼けで消えてしまうくらいに使ってもらいましたから

    ベッドさんも本望と思います。

    今まで本当にありがとぅです…。 

     

     

    ということは、初代猫ベッドは何年物だ?

     

    チッチッチッチッ…

     

    …10年!!

     

    うぉぉぉ〜 すごい〜。

    よれたりヘタったりもなく、まだまだ現役でいてくれる品物。

    再販してくれないかなぁ。


    できたらいいな のうちのひとつが

    「猫用品 開発のお手伝い」

    猫目線&キャットシッター目線で、
    猫とヒトに嬉しい品物ができるんでないか
    そんな気がするデス。ふふふ。

     

     

    今日は猫家族の独り言的な記事でございました。

    最後までお読みいただき、ありがとうございにゃした。

     

    キャットシッター猫の森 山田貴子

    キャットシッター


    猫3ズがご機嫌になる時間

    0

      我が家の猫3ズが、無条件でご機嫌になっちゃうこと

      それは…

       

      私の早寝 デス。

       

      いつもより早い時間に寝支度をはじめると

      イソイソとやってきて

       

      カカ太朗は、広げたシーツに潜り込み

      (その上に毛布、掛布団と順にのせます。ゴロゴロ言いながら這い出ますw)

       

      ニコは、掛布団のド真ん中で香箱座り

      (私は端っこで寝ています)

       

      そして、サクちゃんは定位置(私の左腕)に入れろと

      耳の横でギャン鳴き

      (囁き声でも十分聞こえますよー)

       

      感情表現がちょっと屈折している

      カカ太朗を警戒しつつ、なだめつつ

      ボク、フワフワな感触も好きです♥

       

      サク・ニコもよき処に納まったら

      ようやく一緒に就寝です。

      お休み3秒、すぐに眠れる体質でよかった…。

      寝つきのよろしくない人は大変かもw

       

       

      サクちゃんは「○時に起こしてください」とお願いすると

      ギャン鳴きアラームを発動してくださいます。

       

      宵っ張りなワタクシですが、早寝早起きなヒトになりたい。

      みんなのウキウキTimeのためにも、楽しんで実践してみます。

      (今日はこんな時間だけどもね)

       

      アニャタの猫さんは

      あなたと何をするのが好きですか?

       

      ------

       

      お読みいただき、ありがとうございました。

       

      キャットシッター猫の森 山田貴子

      猫の學校・猫スクール

      キャットシッター


      今も昔もくっついてた

      0

        またまた

        サクニコのひっつき写真でございます。

         

        IMG_20190122_121756.jpg

        日中はこうしているのに、夜は別々。

        なにかあるのでしょうね^^

         

         

         

        そのうち三つ巴に。

        IMG_20190122_230956.jpg

        これなら、電気・ガスが止まっても安心ですな。

        みんなで寄り添い、温めあってくれそうです。

         

         

        ↓こちらは桜舎時代のサク&ニコ

        f0054677_07340147.jpg

        ずっと前からこうしていたのね〜

         

         

        1/26(土)スタート

         猫スクール基礎編「猫の學校」第11クール

        猫の本能、猫の習性をシッター目線でお伝えしています。

         

        ------

         

        お読みいただき、ありがとうございました。

         

        キャットシッター猫の森 山田貴子

        猫の學校・猫スクール

        キャットシッター

         


        かけがえのないおくりもの

        0

          シッティングの合間の一時帰宅。

          サク・カカ・ニコの猫3ズが、

          今日はもう終わり?みたいな顔をして、ワキワキと集合してくれる。

           

          この後はね〜

          〇〇ちゃんと〇〇先生と、〇〇くんのところに行くんだよ。

          もう少しお留守番よろしくねー。

           

          猫3ズをモフモフしながら支度をしていると、ナイスなタイミングで小包が届いた。

          差出人は、サクちゃんのお母さん(Kさん)。

           

          包みを開けると、ほわほわなウールのマフラーとキーホルダー

          それから、手紙が入っていました。

          _DSC7963.jpg

           

          手紙には、わこちゃんとの想い出が綴ってありました。

          ※わこちゃん(右):元はKさんとサクちゃん(左)と一緒に暮らしていました。現在は猫楠舎にいます

           

          わことの会話。

          わこが完全室内の猫になった経緯(かつては2匹とも出入り自由でした)

          お外から帰ってきた わこ にいつもしていたこと など。

           

          自分がどれだけ わこちゃんを大切に想っているのか

          そんな訴えるようなことは一切書いてありません。

          ですが、淡々とした言葉の中に、溢れ出る愛情を感じずにはいられませんでした。

           

          _DSC7959.jpg

          こちらのキーホルダーは、幸せの願いを込めて選んでくださったのだそうです。

          ラッキーアイテムが4つも!!

           

          そして、いつもお手紙の最後にはこの一文があるのです。

           

          「サクちゃんを素敵な猫に育ててくれてありがとう」 と。

           

          Kさん、私は何もしていません。

          むしろ、彼女に教えて(鍛えて)もらってばかり。

          お礼を言いたいのは私の方です。

           

           

          サクちゃんと、わっこー

          _DSC6484.jpg

          こんなに愛おしい存在に出逢わせてくれたことに

          ただ感謝しかありません。

           

          わっこーと暮らした2年と少しの時間を

          サクちゃんを託してくださったこと、本当にありがとうございます。

           

           

          実は私、サクちゃんのお母さんにお会いしたことがありません。

          いつも電話と手紙でのやりとりでして。

          Kさんはインターネットはお使いにならないので

          たぶん私の容姿・年齢などはご存知ないと思うのです。

          ですが、私の好みを外さない。スゴイ。

           

          サクちゃんの写真を撮るときは、Kさんに送ることも考えてしまいます。

          今年は最高にかわいらしい写真が何枚撮れるかな。

           

          ------

          2019年 猫セミナー情報

          ・2019年 最初の『初ねこ倶楽部』は1/19(土)

          ・1/26(土)スタート

           猫スクール基礎編「猫の學校」第11クール

          ------

           

          お読みいただき、ありがとうございました。

           

          キャットシッター猫の森 山田貴子

          猫の學校・猫スクール

          キャットシッター


          カカ太朗の密かな楽しみ

          0

            ウチ猫 カカ太朗。

            シッティングの隙間に帰宅し、

            次の準備やら片づけやらでチャカチャカと動いていると

            一緒になってチャカチャカする。

             

            落ち着けオトコ

             

            そう諭すも、別名「ソワ・ソワオ」 落ち着かない。

            この落ち着きのなさがスリム体型維持の秘訣ともいう。

            体が引き締まっているヒトは、圧倒的に運動量があるのだ。

             

            と、脱線しましたが

            この日のソワソワには、もうひとつ理由がありました。

             

            やまだー、アレ、アレをくださいっ!

             

            カカ太朗の密かな楽しみ。

            それは、フリーズドライのささみTime♪

             

            おぼろちゃんシエナちゃんも大好物の

             

            ママクック フリーズドライのササミ

             

            これをドライフードに絡めていただくのが、たまらんらしいです。

            しかも、ひとりでコッソリと食べるのがね。

             

            ウマイにゃ

             

            大好物は顔中で召し上がるオトコ

            トクベツはウマイのだ(キリッ!)

            キメ顔してるけど、ササミの粉まみれだぞwww

             

            こうやって、お留守番ねこさんたちに食の幅を広げていただいてます。

            ありがたいことです^^

             

            こうした情報、経験は、ウチだけに留めておくのはもったいにゃい。

            ですので、シッティングのお客様や猫スクールなどでも

            共有させていただいたりしています。

            お肉が苦手な猫さんも、淡白であまりクセのないササミだったらOKかもしれない。

            しかも、フリーズドライなら更に食べやすいかも

            (乾き物が好きな猫さんは特に) なんて具合に。

             

            さあ、2018年もあと2日!

            今ここ で、今日を感謝し、大切に参りましょう。

             

            お読みいただき、ありがとうございました。

             

            キャットシッター猫の森 山田貴子

            猫の學校・猫スクール

            キャットシッター

             


            | 1/8PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            profile

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            recommend

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM